知らないと恥ずかしい「軟水」と「硬水」の違いと特徴

知らないと恥ずかしい「硬水」と「軟水」の違いと特徴

Share on Facebook1Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

あなたが飲んでいる水は、硬水と軟水どっち?

皆さんは、普段飲んでいる水が硬水か軟水かわかりますか?水と言っても、この世の中には様々な水があります。そこで今回は、硬水と軟水の違いと特徴をわかりやすくご紹介します。

 

 

硬水と軟水の違い

水1Lあたりに含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量を表す硬度が硬水と軟水を決める基準となります。簡単に言えば、この硬度が低いものが軟水、高いものが硬水となります。しかし、この基準は国ごとに違うのです。日本では、硬度が100mg/L未満であれば軟水、100mg/L以上であれば硬水と分類しています。世界保健機関(WHO)の基準では、60mg/L未満で「軟水」、60mg/L〜120mg/Lが「中程度の硬水」、120mg/L〜180mg/Lが「硬水」、180mg/L以上で「非常な硬水」になっていて、日本とは違います。

 

 

硬水と軟水の特徴は

それでは、硬水と軟水はどのような特徴があるのでしょうか?

 

【軟水】

・さっぱりしている。口当たりが優しい。

・お茶を入れる場合、色や風味がしっかり出る

・旨み成分が出やすいため、和食に適している水。

・石鹸の泡立ちは良い

 

【硬水】

・飲みごたえがある水。のどごしは硬め。

・お茶には適していない

・肉を煮る場合、アクが出やすいのでオススメできない

・石鹸の泡立ちは悪い
 
 

 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook1Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング