薬の写真

陸上ロシア代表リオ五輪出場不可!なぜドーピングを行ったのか

Share on Facebook26Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

最近ロシアの国家的なドーピング問題がニュースになっています。この件で、ロシアの陸上選手が原則としてリオデジャネイロオリンピックには出場できないことが確定しました。

 

ロシアの陸上選手が組織的なドーピングを理由に国際陸上競技連盟から出場停止処分となった問題でCAS=スポーツ仲裁裁判所は21日、ロシアオリンピ…

情報源: スポーツ仲裁裁判所が裁定 ロシア陸上選手 五輪出場できず | NHKニュース

 

なぜドーピングを行ったのか

 

薬の写真

 

 

元ロシア代表 陸上選手 ユリア・ステパノワさん「ドーピングは調整の一部でした。コーチから『飲め!』と命令されることさえありませんでした。『さあ、準備、準備』という感じです。もしオリンピック選手になりたくて、そのために勝ちたいのなら、ロシアでは唯一の道でした。他の提案はされませんでした。」

情報源: ドーピングショック ~組織ぐるみの不正はなぜ~ – NHK クローズアップ現代+

 

ユリア・ステバノワさんの発言からも、選手個人がドーピングを意欲的に行ったのではなく、ロシアの陸上連盟、その関係企業、関係者の間柄で当然のようにドーピングが認められ、ドーピングをしなければ勝てないという背景があったことが分かります。

勝利を目指し、日々のトレーニングを重ねるロシアのアスリートにとって、ドーピングは努力の一部だったのかもしれません。

今日、世界的に活躍するトップアスリートは、グローバル資本企業、メディア企業、そしてIOC、世界陸上連盟などの競技ごとの連盟、協会との協力関係のなかで莫大な利益を生み出す経済構造の中にいます。

その中で幼少期から周囲に期待され、生活のすべてをパフォーマンスの向上に注いできたアスリートにとって、オリンピックをはじめとする大舞台での勝利は人生の全てといっても過言ではないはずです。そして、そのような大舞台での勝利は、名誉とともに巨額の富が保証され、地位も得ることにつながります。

 

ドーピングはなぜいけないのか

 

オリンピックとお金
Photo credit: Viktor Hertz via VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

 

ドーピングが認められない理由として、以下のような理由があります。

・選手の健康を害する

・アンフェアである

・社会に悪影響を与える。

・スポーツそのものをだめにする。

 

ドーピングが禁止される理由スポーツにおいて、なぜ、ドーピングは禁止されているのでしょう。その理由は以下の4つとされています。いったいどういうことなのか、それぞれについてみていきましょう。

情報源: スポーツとドーピング -なぜ、ドーピングはいけないか? | NPBアンチ・ドーピングガイド | NPB.jp 日本野球機構

 

ドーピングをなくすために

 

ドーピングをなくすためには、選手の教育も大事ですが、なにより社会全体としてドーピングを禁止する必要があると思います。

ロシアのように国ぐるみでドーピングが行われた場合、ドーピングを行うことは勝利を目指すうえで必須です。選手個人がドーピングをしないという選択をすれば、その選手は勝利の確率を大幅に下げてしまうことになるでしょう。

リオデジャネイロオリンピックでもさらにドーピング問題が浮上してきそうな気がします。

今、世界的な解決策が求められています。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook26Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング