英語で注文!?日本にいながら世界を肌で感じる原宿のカジュアル・ダイニング

Share on Facebook9Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

 

世界を肌で感じるカジュアル・ダイニング「Workingholiday Connection」

sub40300002

 

ワーキングホリデー制度を支援、促進をしている非営利団体、一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会(JAWHM)が、世界を肌で感じられるカジュアル・ダイニング「Workingholiday Connection」を7月11日、原宿にオープン!「Workingholiday Connection」は、ワーキングホリデー制度の認知向上と、海外へ興味を持っている若者の支援を目的としており、スタッフはワーキングホリデーを経験者した人を起用しています。

 

メニュー内容

メニューは、オーストラリア・シドニーのベストバリスタに日本で唯一選出されたSasa Shoji氏が厳選したコーヒー豆をこだわりの製法で浅煎りしたコーヒーや、オーストラリアへワーキングホリデーしたのち、シドニーの有名パンケーキ店で料理長を務めた日本人が帰国後に開発したオリジナルパンケーキなど、本格志向な料理をお楽しめます。 また、シーズン毎にワーキングホリデー協定国から取り寄せた食材を用いた料理が提供されるそうです!

 

ふわとろパンケーキ

sub10300002
日本で和食を学び、 オーストラリアへワーキングホリデーした後、 シドニーの有名パンケーキ店で料理長を務めた日本人が帰国後に開発したオリジナルパンケーキを提供します。 本場オーストラリアのリコッタチーズを使用したふわふわのパンケーキは、卵の風味が残っていて、 フレンチトーストにも近い味わいです。

 

ワニの手羽先(ディナーのみ)

sub3
ワニの肉は、 硬くゴツゴツとした外皮からは想像がつかないほど透き通るように白く、例えるなら脂が乗った鶏ササミのようで、牛や豚よりもさっぱりとした味が特徴です。 そんなワニの前足を、 ワイルドな手羽として提供します。 また、ワニ肉の独特な食感も楽しむことができます。

 

Manly Mess (マンリーメス) 

sub20300002
Manly Messは容器に敷き詰めたかき氷の上に、メレンゲ、生クリーム、ラズベリー、ストロベリー、 エディブルフラワーを盛り付けた、 目にも舌にもおいしい新感覚スイーツです。 メレンゲを壊しながらふわふわのかき氷とかき混ぜ、 食べやすいように容器の中でMESS(ごちゃまぜ)して食べます。 本場オーストラリアでは、海から上がって火照った体を冷やすために食べられており、猛暑が予測される今年の日本にはピッタリです。

 

アーティフィサーコーヒー 

sub50300002
オーストラリアの最有力誌シドニーモーニングヘラルドにベストバリスタとして選ばれ、その後バリスタ協会の審査員まで勤め上げた唯一の日本人、Shoji Sasa氏が焙煎したコーヒー豆を輸入。 シーズンによって産地も厳選し、 そのコーヒー豆独特の苦味を出さないために極力浅煎りにして豆の本来の味や特徴を抽出しています。

 

英語で注文してコーヒー無料券をゲット!

英語でメニューをオーダーすると、なんと次回来店時にコーヒーが1杯無料になる「Free Coffee Ticket」がもらえます。スタッフの方に英語で注文してみてください。店舗では日本を飛び出し活躍した人たちのリアルな話を聞くことができるので、「ワーキングホリデーに興味はあるが、ハードルが高い」といった人はぜひお店に行って、ワーキングホリデーを身近に感じてみては?

 

店舗情報

main

Workingholiday Connection

・住所:東京都渋谷区神宮前4-31-10  YMスクエア原宿2F

・営業時間  :11:00~23:00 年中無休

・席数:計60席

・URL : http://wh-c.jp 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook9Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング