【今さら聞けない】「B to B」と「「B to C」の違い

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

「B to C」とは

B to Cとは、Business to consumerの略で、企業と消費者(個人)間の商取引、または企業が個人向けに行う事業のことを言います。一般消費者向け製品の製造や販売、消費者向けサービスの提供、個人と金融機関の取引などがあります。このような、消費者向けの事業を主体とする企業をB to C企業と言い、しばしB2Cと表されます。

 

「B to B」とは

B to Bとは、Business to Businessの略で、会社における組織間の取引関係を指します。例えば、車の部品を製造している会社は消費者に直接販売することはしません。車を製造する会社などに販売を行います。これは、企業間の取引のため、B to Bのビジネスです。また、B2Bとも表記されます。

 

「B to G」とは

さらに、あまり聞かれないかもしれませんが、B to G(Business to Government B2G)もあります。B to Gは、企業が政府や自治体のような公共機関向けに行う事業を指します。最近では公共部門でも業務の電子化が進み、資材調達に電子商取引が採用されたり、公共事業に電子入札が導入されるといった例があります。

 

 

B to B、B to G企業は、私たち消費者が知らないことが多いため、就活生の中には見逃している人もいますが、日本の産業を大きく支えております。業界研究や企業研究の参考にしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング