【ダイエット成功への鍵】正しい水分補給の仕方、あなたは知っていますか?

Share on Facebook5Share on Google+0Tweet about this on Twitter

あなたは知っていますか?
水分補給の方法を変えることで、体質改善ができ、痩せやすい体になること!
超簡単にできる水分補給の正しい方法、あなたに教えちゃいます!

始めに…

体重計に乗る女性

水を飲む事は水太りやむくみにつながるのでは?
と思ってる方も多いと思います。
しかし!よく考えてみて下さい。水にはカロリーがありません。水を摂取したら、その分代謝によって排出されるので、水を飲んで太るという事はないそうです。

むしろ、水を控えるとはダイエットには逆効果なのだとか。
水分補給を控えてしまうと、体内の水分量を保つために汗や女房の排出量が減ります。老廃物が体外に出されないということになりますので、むくみや水太りが起こってしまう原因になります。

また、塩分の摂りすぎなど、他に考えられるむくみの原因がある方は、そちらも気をつけてみましょう。

1、1日に摂るべき水分量と、その頻度

雫

1日に摂取して欲しい水分量は、体重×0.3ℓ~体重×0.4ℓと言われています。
また、水は一度に飲んでそれを体内に溜めておくことは出来ません。そのため、1日の水分量をコップ1杯程度ずつに分けて摂取するのが理想的と言えます。

2、水分をとって欲しいタイミング

 

和食

主に起床時、食事前、運動の前後、入浴の前後、就寝前です。
特に、食事前の水分補給は、食事での摂取カロリーを減らす効果もあるという研究結果もあり、特にダイエットに効果的と言えるでしょう。
食事前に水を飲むと、食事からの摂取カロリーを減らせるのだとか……!

3、冷えた水はNG

今の季節、暑い外から帰ってきて、つめたーい水を一気に飲んでしまいたくなりますよね。
ですが、痩せようと思うのであれば常温のぬるいくらいの水を飲むのがベターです。冷たい水の一気飲みは、体の冷えにつながります。そうなると、体温が低下し、代謝が悪くなってしまいます。つまり、痩せにくい体になってしまうのです。
常温の水や、一度沸騰させた白湯を飲むと、血液の流れも良くなり、内臓も暖められます。
脂肪燃焼の促進や基礎代謝の向上が望めます。

今の季節は辛いかも知れませんが、実践してみてください。

最後に

ビーチ 女性

いかがだったでしょうか。目安である水分量は、普段水分補給を心がけていない人にとっては少し難しいかもしれせんね。
ですが、正しい水分補給をしっかりと実践することで、代謝が向上し、痩せやすい体を作ることができます。
しかも、ほかのダイエットと合わせてすることができるので、是非試してみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook5Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング