【浮気防止ホルモンがあった!】浮気が許せないなら、浮気されない女になれ!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

先日、浮気遺伝子があるという記事を書きました。
【衝撃】浮気がやめられない理由は遺伝子にあった!?

 

しかし、なんと!

浮気防止ホルモンがあることがわかりました!

そんな幸せなホルモンをうまく利用して、浮気とは無縁な生活を送っちゃいましょう

そして、その浮気防止ホルモンについて、説明致します。

浮気防止ホルモンの正体、オキシトシン

 

親子

 

オキシトシンは、母親が赤ちゃんに授乳する時に分泌されるため、授乳ホルモンとも呼ばれます。
オキシトシンは9個のアミノ酸からなり、エストロゲン、プロゲステロンにつぐ女性ホルモンの一つで、女性が母になるときに、愛情や信頼関係を強める効果があります。
このホルモンは男性にも存在しています。
母親の授乳時だけではなく、スキンシップやコミュニケーションなど、人と人のふれあいをきっかけに、脳から分泌されます。オキシトシンが分泌されると、その人ともっと親しくなりたい、深い関係になりたいという欲求が高まります。それによって、愛情表現が豊かになる効果も!
恋人との信頼感や親密性を高めてくれるんです。

オキシトシンと浮気防止効果

 

http://s1.favim.com/orig/25/couple-cute-friends-hug-love-Favim.com-222039.jpg
http://s1.favim.com/orig/25/couple-cute-friends-hug-love-Favim.com-222039.jpg

 

さて、本題です!

ドイツのボン大学での研究によると、スキンシップやコミュニケーションによって分泌されたオキシトシンには、恋人との親密性を高め、浮気防止に有効である

という結果が出ています。
オキシトシンが分泌されることによって、信頼感、愛情が深まり、お互いの絆が生まれます。
さらに、恋人がより魅力的に見えるようになり、逆に他の相手への興味が弱まります。
ということは、浮気防止に十分有効的と言えますね。
オキシトシンを分泌させて、あなたにより夢中にさせてしまいましょう。

オキシトシンを分泌させる方法

 

ここで悲しいデータです。
浮気性の男性は、オキシトシンの分泌が少ないのだとか……。

 

オキシトシンを分泌させる方法をご紹介します。

〇スキンシップを積極的にする

→日常的にハグや手をつなぐなど
〇思いやり、相手に親切な行動をする

→相手を思いやった行動をとり、優しい言葉をかける
〇一緒になにかにチャレンジしてみる

→共通の話題や趣味が増えます
〇ストレートな感情表現をする

→ポジティブな感情を共有する
〇たまには、大人数で食事をしたりする

→いつもと違う雰囲気の自分を見せる

 

是非実践して、恋人と幸せで平和な毎日を過ごしてください♡

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング