【衝撃!】高校野球の西東京大会で驚きの打法を披露する球児が現れた!

【衝撃!】高校野球の西東京大会で驚きの打法を披露する球児が現れた!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

第98回全国高校野球選手権西東京大会1回戦で、「こんな打法、見たことがない!」と驚きの打法を披露した球児が話題になっています。

 

 

「逆一本足打法」

7月11日に行われた和光VS狛江のカードで、その衝撃的な打撃フォームはお披露目されました。和光のキャッチャーで2番バッター、2年生の室橋達人選手は左打席に入ると、おもむろに軸足である左足を上げてボールを待ちました。そして、ピッチャーの投球に合わせて左足を下ろし、そのまま勢いよくバットを振りました。振りぬいたバットは見事にボールをとらえ、センター越えのスリーベースヒット!!

チームは残念ながら8回コールドで初戦敗退となりましたが、室橋選手がこの打法で3打数1安打と活躍し、才能を発揮していました。

 

 

もう1人の注目選手

和光には、他にも注目を集めていた選手がいました。4番ライトで出場していた選手は、歌手の松崎しげるさんの長男、3年生の松崎優輝選手でした!!残念ながらこの日は父の松崎しげるさんは仕事で観戦することができなかったようです。

 

 

 

昨年の埼玉県大会ではヌンチャクバッターが話題になりましたよね!

 

今後どんな選手が登場するのか楽しみです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング