今さら聞けない!?「親展」

今さら聞けない!?「親展」

Share on Facebook3Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

親展

 

家に届く封筒の表紙に、「親展」と書かれているものを誰もが見たことがあると思います。しかし、その意味をあなたはご存知でしょうか?「親展?何それ?」とならないために、「親展って〇〇なんだよ!」と言える豆知識を1つ紹介します!

 

 

親展の定義

 

親展とは、その郵便物を受け取った宛名となった本人だけが開封することが望ましいという意味です。確かに、個人情報やクレジットカードが入った封筒に記載されているのを見ますね。

 

原義から来る意味

 

親展の定義は、親展という言葉を構成する漢字の原義からきています!「親」にはみずから(自ら)という意味があり、「展」にはあけるという意味が含まれているのです。

 

つまり、親展=受け取った本人が自ら開ける。と、漢字からその意味がとれるのです。

 

宛名以外の人が開けるとどうなるか

 

郵便物に親展と記載されていても、もちろん誰でも開けることはできてしまいます。宛名以外の人が開けると、宛名本人が激怒します。個人情報が含まれているので仕方がない事です。

 

実は犯罪

 

「親展って書いてあっても親だから別に見ても良いでしょ。」と、仰る方がいらっしゃるかもしれません。しかし、宛名以外の人が開けてしまうと、犯罪になる可能性があります。

 

刑法第133条「信書開封法」が適用されてしまうかもしれないのです!刑法第133条には、こう書かれています

 

「正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、一年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する」

 

あくまでこれは親告罪なので、その宛名本人が告訴しなければ犯罪にはなりません。親展の宛名本人と同居している方は、容易に開けてはいけないので注意しましょう!

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook3Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング