今さら聞けない!?「カフェオレとカフェラテの違い」

今さら聞けない!?「カフェオレとカフェラテの違い」

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

Photo credit: insidious_plots via VisualHunt.com / CC BY

 

カフェオレとカフェラテ

 

スタバやタリーズ、ドトールやエクセルシオールなど、今では街のいたる所にカフェがあります。「カフェオレとカフェラテ」はどのカフェにも必ずと言っていいほどメニューに載っていますよね!

 

しかし、その2つのコーヒーの意味の違いをあなたはご存知でしょうか?「カフェオレとカフェラテの違い?何それ?」とならないために、「カフェオレとカフェオレの違いって〇〇なんだよ!」と言える豆知識を1つ紹介します!

 

 

 

 

カフェオレとカフェラテの違いは牛乳?

 

この2つのコーヒーの意味を知らずに目にとまった方を選んでいる方もいるでしょう。カフェオレのレはフランス語で牛乳という意味です。そして実は、カファラテのラテはイタリア語から来ていて、こちらも牛乳という意味なのです。

 

違いはコーヒーにあり!

 

牛乳に違いがなければ、コーヒーだということになります。一言でいうと、カフェオレは「コーヒー」カフェラテは「エスプレッソ」が使われているのです!

 

このコーヒーとエスプレッソ、抽出方法の違いから名前が分かれています。コーヒーはドリップ式抽出、ペーパーフィルターを使ってドリップする方法が一般的ですね。一方でエスプレッソはエスプレッソ式抽出、蒸気の圧力を豆に一気にかけて抽出する方法です。

 

味はどうなのか?

 

コーヒーの抽出方法の違いは分かったけれども、結局味はどうなのか。一般的に、カフェオレとカフェラテの中身の比率は、

 

カフェオレ コーヒー:ミルク=1:1

 

カフェラテ エスプレッソ:ミルク=1:4

 

カフェラテは、エスプレッソの味が濃いため、ミルクの比率が多くなっているのです。しかしこの比率でも、カフェオレと同じぐらいの味の濃さになるそうです。

 

肝心の味のは、一般的に、カフェオレは、優しく、マイルドで飲みやすいそうです。それに対して、カフェラテは、エスプレッソの深い味わいと苦味を感じることができるような味を感じられるそうです!

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング