【72%が答えた】毎日つまらない、憂鬱だと回答した中年男性

【中年男性の72%は病んでいる】毎日つまらない、憂鬱だと回答した中年男性の数に驚愕

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

学生の皆さん、あなたは35~49歳のとき、何をしていると思いますか?「イキイキ仕事をしている」、「結婚して素敵な家庭を築いている」。そんな幸せな将来が待っていると思っている方、現実は違うようです。

 

 

72%の中年男性が毎日つまらない、憂鬱

 

【72%が答えた】毎日つまらない、憂鬱だと回答した中年男性

 

35~49歳の中年男性300人にインタビューした結果、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」と回答した男性は、全体の72%でした。その中でも約半数の男性が、毎日つまらない・憂鬱だと感じる原因は「仕事」にあると答えています。

 

ある旅行代理店の42歳の男性は、「昔は気力で頑張れた。しかし今はできないものはできないと割り切ってやっている」と回答しています。想像できるのは、毎日辛い顔で仕事を頑張る中年男性の姿。

 

 

なぜ、毎日つまらない、憂鬱に?

 

【72%が答えた】毎日つまらない、憂鬱だと回答した中年男性

 

男の生きづらさを研究する男性学の武蔵大学助教・田中俊之氏は毎日つまらない、憂鬱と答える中年男性に対して次のように述べています。

 

「中年男性は、将来の“先が見えない”不安もあると思いますが、すでに結果が出ていてこれ以上の展望が望めない“先が見えてしまった”喪失感のほうが強いですね。男性は一般的に大きな夢を持てと言われて育つため、無限の可能性があった過去を美化してしまい、多くのものを“失った”と感じているのでしょう」

 

習慣化コンサルタントの古川武士氏は、毎日つまらない、憂鬱と答える中年男性に対して、次のように分析しています。

 

「人間には“変化領域”と“現状領域”があります。20代は、変化にさらされるストレスの代わりに成長感が得られる“変化領域”にいます。しかし、30~40代は安心や安定と引き換えに停滞感を感じる“現状領域”に入っていき、そのカラは厚くてなかなか抜け出せないのが一般的です。」

 

心療内科医の海原純子氏は、毎日つまらない、憂鬱と答える中年男性に対して次のように答えました。

 

「人間は、達成した結果ではなく、達成するためのプロセスにしか楽しみを見出せない生き物です。10回中10回成功するような課題には退屈してしまい、10回中5回成功し、努力すれば7回になる、そのくらいの課題がもっとも心地いいんです。」

 

中年男性は、スキルが上がっていき、できることが増えるため、かえって仕事の喜びを失ってしまうそうですね。

人間は未知のものに出会って緊張を感じると交感神経が刺激され、脳も体も活性化する生き物だそうです。リスクを避けて保守的になると老化も早まってしまいます。中年男性になると、リスクを避け安定志向に。その結果、毎日つまらない、憂鬱になってしまうのですね。
 
 
 

 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング