【うるう秒】2016年は、12月31日23時59分60秒を挿入へ

【うるう秒】2016年、12月31日23時59分60秒を挿入へ

Share on Facebook4Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

うるう秒挿入へ

2016年は、12月31日23時59分60秒が挿入されます。うるう年ではなく、うるう秒です。国際地球回転基準系事業(IERS) が発表したうるう秒、なぜ挿入するのでしょうか?
 
 

うるう秒とは?

現在使われている協定世界時が、地球の自転によってずれる時があるので、それを調節するためにうるう秒が存在します。実は2015年までに、26回もうるう秒によって1秒追加されてしました。2012年は、1秒追加されたのですが、ネット上でバクが起こるなどの問題が発生しました。
 
 

2016年のうるう秒

今回の2016年のうるう秒は、12月31日23時59分59秒の後に1秒追加されます。つまり、日本時間では、2017年の1月1日朝8時59分59秒の後ろに1秒挿入されることになります。
 
 

うるう秒、怒りの声も

うるう秒は挿入される半年前に、発表することになっていますが コンピューターシステムのバグなどがあるため、「廃止するべきだ」という怒りの声が上がっています。
 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook4Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング