就活生の君へ贈る、ホリエモン流天職の見つけ方!

就活生の君へ贈る、ホリエモン流天職の見つけ方!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 
就職をしている皆さん、行きたい企業・やりたい仕事は見つかりましたか?また、まだ就活生ではない1・2年生、就活の準備をしていますか?今回は、ホリエモンこと堀江貴文氏が考える天職の見つけ方を、就活生の皆さんにお伝えしたいと思います。
 
 

就活生のみんなへ、ホリエモン流天職の見つけ方!

 
 
就活生の君へ贈る、ホリエモン流天職の見つけ方!

 
 
ホリエモン流天職の見つけ方の答えは、「とにかく色んなことをやりまくるしかない、見つかる時は運だ」です。答えはシンプルでした。しかし、本当にただただチャレンジしているだけで天職に巡り会えるのでしょうか?
 
 

これは絶対天職にならないと感じる時はどんな時?

 
今回、ホリエモンと一緒に出演していた人狼ゲームを題材にしたライブ・エンターテイメント「人狼TLPT」に出演する加藤靖久さんは、高校時代に演劇部に入り、そのまま演劇、芝居一筋です。そんな彼が「この職業が合わないと思う時はどんな時だとうか?」と話し始めました。加藤さんは、いくら様々なことにチャレンジしたとしても、早く諦めてしまえば、本当の面白さや「これが天職だ」と思える前にやめてしまい、天職が見つからなくなってしまうのではと予想しています。しかし、ホリエモンがこれを否定。ホリエモン曰く、小さな成功が天職の発見に大きく繋がるそうです。
 
 

小さな成功体験が天職に繋がる

 
 
例えば加藤さんに対して、加藤さんは高校の演劇部で主役を張った経験、その小さな成功体験が今に繋がっていると考えるべきだとホリエモンは言います。つまり、早めにどんなに小さくても、どんな形でも成功するかどうかが大切とのこと。人は成功体験が全くないと、すぐ折れてしまう生き物だそうです。
 
 

周りから見て小さなことでも価値がある

 
 
加藤さんのように主役をしたとか、表彰されたとか、周りから見たら「そんなことで?」みたいな小さな成功体験が価値があるとホリエモンは言います。 今就活をしている皆さんの中で、「天職が見つからない」、「やりたい仕事がない」などがないなら、どんどん様々なことにチャレンジし、小さな小さな成功体験をすることが大切です。別に周りの仲間と同じ時期に就活できないからと言って、死ぬわけではありません。自分自身が納得するまでチャレンジし続ければ、いつかきっと「これ天職にしたい」と思える時がやってくるそうです。皆さんが、本当にやりたいことや天職と思える仕事が見つけられることを心から祈っています! 
 
 

 
 
 

 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング