【あなたの朝食は?】幸福度が低い人には朝食に共通点があった!

【学生の朝食は?】幸福度が低い人には朝食に共通点があった!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

朝食は幸福度にとって大切?

 
あなたは今幸せですか?幸福度の低い人の朝食にはある共通点がありました。一般的に考えても、朝食を抜くと体温が上がらないため、肥満になったり、ボーっとしてしまい同じミスを繰り返してしまったりと、デメリットばかり。そのため幸福度が低くなるとも考えられます。しかし、ただ食べるだけでは十分じゃありません。朝食のメニューや頻度によって幸福度に影響が出るのです。
 
 

幸福度が低い人の朝食とは?

 
今回は幸福度が低くなってしまう「NG朝食」をご紹介します。
 
 

(1)パン1枚タイプ
 

(2)お茶漬けだけタイプ
 

(3)野菜ジュースだけタイプ

 

つまり、忙しくて時間がないという理由で、一応朝食は食べるものの、食事という食事をしていない方々のことです。このような人は多いのでは?しかし、これでは幸福度が下がってしまうと研究結果が出ています。

 

 

なぜ上記の朝食は幸福度が下がるのか?

 

東北大学の研究チームは、朝食の習慣と幸せかどうかの関係を調査しました。その結果、朝食を食べる人の幸福度は67.9点だったのに対し、週2回以下の人は59.0点だと判明しました。さらに毎日朝食を食べている人を細く調査してみると、幸福度が80点以上の方は朝食にご飯や卵、野菜、果物といった具合に多くの品を食べていることがわかりました。どうして多くの品を食べる方の方が幸福度が高いのか、という疑問は、今回はっきりしませんでしたが、今後調査で明らかにしていくと言います。
 
 

幸福度の高い朝ごはんのために

 

「こんな調査結果出されても、忙しくて無理だあああ」と思われている方も多いかと思います。子育てや仕事、授業で忙しいのに、なかなか多品目の朝食を用意するのは難しいですよね?その場合は、前日の残り物を利用したり、常備菜をうまく活用してみるのはいかがでしょうか?また、海苔や納豆、ヨーグルトなど調理を必要としない食べ物もいいかもしれませんね。

 

 

朝食作れるぐらい余裕があるから幸福度高いんでしょ?

 

もしかしたらこのように思う方がいらっしゃるかもしれません。また、朝食だけで幸福度が上がるか、と言われると確かに難しいと思います。だからと言って、朝食はとても健康に良いです。幸福度云々、健康のためと思って食べるのもいいかもしれませんね。知らないうちに、幸せになっているかもしれませんよ?忙しくても、動けているのは健康な体があるからです。しっかり体のメンテナンスをして、明日もまた頑張りましょう!

 
 
 

 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング