【就活生へ】不動産業界で働く社員の本音「飲み会はパンツのみで参加?」

【就活生へ】不動産業界で働く社員の本音「飲み会はパンツのみで参加?」

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

ネットで不動産業界で働いていた社員の本音が話題になっています。どこか体育会系のイメージが強い不動産業界ですが、実際はどうだったのでしょうか?ある元社員の告白をご紹介します。

 

 

(1)不動産業界、飲み会がとにかく辛い

 

毎日のように飲み会がある不動産業界ですが、特にお酒が苦手な人は辛いそうです。飲み会があるときは、はしごするのは当たり前で、終わるのはいつも日付が変わってから。そのため、タクシーで帰るか、どこかのネカフェやカプセルホテルに泊まらなければならない日もあるといいます。金銭的な負担も多いですし、既婚者で子供までいたら、家族との関係はどんどん悪くなっていきます。

不動産業界の飲み会はただ飲んでいればいいというわけではありません。基本的に体育会系の色が強いため、悪ノリも激しいと言います。また、カラオケに行った時は、男性は脱ぐか飲むかの二択です。

 

 

 

(2)不動産業界、ゴルフ自腹

 

接待でゴルフに行かされることも度々。そのゴルフのためのゴフルセットやウェア、レッスン費や交通費、コース代などは、全て給料からひかれてしまいます。

 

 

(3)不動産業界、パワハラあって当然の世界

 

会社で罵声が飛び交うのは日常茶飯事。結果を出さなければ、人格否定をされるほどのご指導が入ります。職場で無視されることも当たり前だと言います。自殺者も出ているらしい・・・。

 

 


 

いかがだったでしょうか?就職活動では基本的に会社・業界の悪い面を見ることは難しいかと思いますが、少しでも会社や人を見極める力があるといいかもしれませんね。

 

 

【自己分析】大学卒業後なりたい姿は?「なりたい自分に合ったアクションを考える」6つの方法

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング