【正しい対処法】もしクマに出会ったら、どうするべき?

【正しい対処法】もしクマに遭遇したら、どうするべき?

Share on Facebook4Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

今月に入ってから全国でクマの目撃情報が後を絶たちません。もしクマに遭遇したら、私たちはどうするべきなのでしょうか?その正しい対処法をご紹介します。

 

 

今月のクマ情報

【正しい対処法】もしクマに出会ったら、どうするべき?
 
5日:山形・山形市 (さくらんぼ被害)

7日:岩手・盛岡市(女性大怪我)

10日:秋田・鹿角市(女性死亡)

11日:岐阜・飛騨市(男性怪我)

13日:鳥取・鳥取市(住宅街で目撃)

17日:神奈川・相模原市(目撃)

18日:秋田・大館市(リンゴの木が折られる)

19日:石川・七尾市(目撃)

 

 

クマに遭遇した時の正しい対処法

【正しい対処法】もしクマに出会ったら、どうするべき?

 

もし、クマに遭遇してしまったら私たちはどうするべきなのでしょうか?シチュエーション別にご紹介します。

 

(1)100m以上離れている場合

もしクマがこちらに気付いていないようなら、静かに気付かれないようにその場からゆっくり離れていきましょう。クマがこっちを見ている、既に気付かれたという場合には、クマの動きに注目しながらゆっくり離れます。もしそのまま近付いてきたら、大きく手を振ったり、腕を振りながら大きな声で威嚇します。2人以上いたらまとまって行動をし、威嚇をして下さい。強気でいて下さい。

注意するのは、子グマです。可愛いからといって、子グマに近付いたら、近くにいるはずの親グマに襲われる可能性が大です。絶対に近付かないようにしましょう。

 

(2)距離が20~50mの場合

突発的にクマと遭遇してしまった場合どうすれば良いのでしょうか?クマが立ち上がったりしてきた場合は、慌てずにゆっくり両腕を振り上げ、静かに移動します。クマが鼻をヒクヒクさせていれば、これは相手を確認するための行動です。急に動いてしまうと、クマも興奮してしまうので、突発的に出会ってしまったら慌てず静かにその場を立ち去りましょう。

 

(3)距離が20m以下しかない場合

20m以下しかない場合も決して慌ててはいけません。とにかく静かに、走らないように。もしすぐそばに障害物などがあり可能ならばそれらをクマとの間に置いていきながら静かに移動していきます。と言っても、20m以下となると慌ててしまい走って逃げてしまう方もいるかもしれません。しかし、クマはすぐに追いついてしまいます。ヒグマは時速60kmで走ることができるので、すぐに追いつかれ、襲われてしまいます。

 

携帯したいクマの撃退スプレー

万が一のために、山に行く時は撃退スプレーを携帯すると良いです。アマゾンなどで購入できるので、頻繁に山に行く方は携帯することをお勧めします。

 

熊よけスプレー専用ホルスター   2,497円

 

UDAP 熊撃退スプレー ホルスター付 (アメリカ森林警備隊採用品) 13,539円

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook4Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング