6月20日は「世界難民の日」。難民と笑顔でつながる新ウェブサイト開設

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

【今日は何の日?】6月20日は世界難民の日

image321020u

 

6月20日は「世界難民の日」です。国連UNHCR協会(東京都港区)が難民と笑顔でつながる新ウェブサイトをオープンしました。

このWEBサイト「つながる難民プロジェクト」は、 日本ではまだ遠い存在に感じられる難民が人間皆同じであることを意識し、 日本人と難民の連帯感が生まれることを目指しています。 難民問題についてあまり関心のない層にも興味を持ってもらうためのきっかけとして、 ビデオ投稿型の仕組みを導入しています。

中でも、「つながる難民プロジェクト」内には1分で難民のことを知ることのできるコンテンツがそろっています。

 

難民のことを「見て・聞いて・話して」 。笑顔の難民の動画が収録

image321020u

 

このWEBサイトの特徴は、スマートフォンで撮影した自分の動画がGIFアニメーションに自動変換され、 難民の動画と一緒に動き出します。 難民のことを「見て・聞いて・話して」をテーマに、 笑顔の難民の方たちの動画が収録されています。

WEBサイトに登場するのは、 ヨルダンにあるザータリ難民キャンプで暮らす人々です。 彼らの笑顔と前向きなエネルギーに触れることで、 難民は決して特別な人ではなく、今を生きる仲間であるということを実感するでしょう。

サイトには、難民問題に関心を持っている著名人の方や学生団体のサポーターのページがあり、 難民に対する思いを語ったビデオメッセージと難民とのコラボレーション用の動画が収録されています。

利用者は一つの画面で難民だけでなく支援者とも一緒にコラボレーションができます。 利用者の数は今後随時増えていくそうです。

 

特定非営利活動法人国連UNHCR協会

image321020u

 

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は、国連の難民支援機関として1950年に設立されました。本部は、スイスのジュネーブに本部が置かれており、現在約125カ国で援助活動を行っています。 紛争や迫害により故郷を追われた難民や避難民を国際的に保護や支援を行い、 難民問題の解決に対して働きかけをしています。 さらに1954年と1981年にノーベル平和賞を受賞しています。  この国連の難民援助活動を支えるため、 募金活動や広報を行う日本国内における公式の支援窓口が、 国連UNHCR協会です。 

 

「つなごう難民プロジェクト」URL: http://tsunago-nanmin.jp/p/

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング