スーパーにゴキブリをぶちまけた小学校職員の女性、いったいなぜ?

小学校職員の女性、スーパーにゴキブリをぶちまける

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

本日10時30ごろ、スーパーの鮮魚コーナーに大量の生きたゴキブリがぶちまけられているのが発見されました。

被害に遭ったのは兵庫県の神戸市にあるスーパーで、実に十数匹に及ぶゴキブリたちが放たれました。

 

ビニール袋からゴキブリが放たれた瞬間をスーパー内の監視カメラがとらえており、この事件を起こした兵庫県の小学校で事務職員をしている56歳の女性が威力業務妨害で逮捕されました。

 

スーパーにゴキブリをぶちまけた小学校職員の女性、いったいなぜ?

 

威力業務妨害とは、暴行、脅迫といった行為で店の業務を妨げる事件があったときにに施行される法律です。近年問題となっている「バイトテロ」といった行為にもこの法律が適応され、3年以下の懲役、又は50万円以下の罰金が課せられます。

 

警察の取り調べには素直に応じ、犯行の動機を聞くと、女は「ゴキブリを生かすためにまいた」と答えました。

飼い猫の餌を食べにやってくるゴキブリを集めていたそうで、「ゴキブリを生かすために置いただけで、店を狙ったわけではない」と供述しています。

 

 

この事件について、脳科学者の茂木健一郎さんが、こんなコメントを発信していました。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング