説明できる?お酒の違い「ワイン、シャンパン、ブランデー、リキュールなど」

説明できる?お酒の違い「ワイン、シャンパン、ブランデー、リキュールなど」

Share on Facebook3Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

学生の飲み放題、ビールやワイン、カクテル、リキュールなど様々なお酒がありますよね?皆さん、その違いをしっかり説明できますか?知って得する、知ってモテるお酒の違いを今回ご紹介します。

 

 

お酒の区別・定義

(1)醸造酒(じょうぞうしゅ)

 

アルコール発酵によってつくられたお酒です。ビールや日本酒、ワインなどが醸造酒です。

 

(2)蒸留酒(じょうりゅうしゅ)

 

醸造によってつくられたお酒を、さらに蒸留してつくるアルコール度の高いお酒です。ウィスキーやブランディ、焼酎などが蒸留酒です。

 

(3)混成酒(こんせいしゅ)

 

醸造酒や蒸留酒にハーブや果実などのエキスを加えたお酒です。

 

 

お酒の違い(1)日本酒

喜多屋 大吟醸 吟の瞳 720ml

 

日本酒とは、日本特有のお酒です。原料は、お米と水。米の主成分のデンプンを麹の作用によって糖へ変えます。そして、その糖をアルコールに変えればいつも私たちが飲む日本酒になります。日本酒と言っても、お米や水、麹や酵母はいろいろあり、その組み合わせによってできるお酒は様々です。そのため、全国にそれぞれの味の日本酒があるのです。

 

 

 

お酒の違い(2)ビール

アサヒ スーパードライ タンブラーギフトセット DRT-5

世界で最も飲まれているアルコールの1つであるビール。主に麦を発芽させた麦芽をアミラーゼという酵素で糖に変え、ビール酵母でアルコール発酵させた飲み物です。

 

 

 

お酒の違い(3)果実酒

サントリー 特撰果実酒房 青森産津軽りんご酒 1800ml

その名の通り、果汁酒は、果汁からつくられたお酒で、果実の酸味や甘味、風味を持つのが特徴的なお酒です。

 
 
 

お酒の違い(4)ワイン

サンタ・ヘレナ・アルパカ カベルネ・メルロー 750ml×12本

実はワインにはとても長い歴史があります。紀元前6000年頃にはワインがつくられていた形跡があるのです。ワインは主に、ぶどうの果汁を発酵させたお酒です。ぶどう酒とも言われています。日本の酒税法では、果実酒に分類されています。

 
 
 

お酒の違い(5)シャンパン

テタンジェ ブリュット レゼルヴ ボックス入り 750ml [辛口]

 

シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方特産の発泡ワインです。ちなみに、スパークリングワインは発泡性のワインの総称です。フランスのシャンパーニュ地方特産の発泡ワインのみ、「シャンパン」と呼ぶことができるのです。

 
 
 

お酒の違い(6)ブランデー

サントリーブランデー V.O 640ml

 

ブランデーは、果実酒から作った蒸留酒の総称です。主に白ぶどうのワインを蒸留し、樽に入れ、熟成して作ります。普通にブランデーという場合は、ぶどうが原料のワインを蒸留してつくられたものを指しますが、りんごから作った場合、アップル・ブランデー、さくらんぼから作った場合、チェリー・ブランデーと言います。

 

 

 

お酒の違い(7)リキュール

サントリーリキュール ルジェ クレーム ド カシス 700ml

 

リキュールは、蒸留酒に果実やハーブなどを入れ、砂糖やシロップ、着色剤を入れて作られた混成酒です。

 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook3Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング