椎木里佳「60代のクールジャパン戦略担当大臣がっておかしくない?」

椎木里佳「60代のクールジャパン戦略担当大臣っておかしくない?」

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

若者、選挙へ行こう

7月10日の参議院選挙まであと少し。どんどん盛り上がってきています。今回は18歳から投票できることもあり、各党若者を意識した政策も目立ちます。
 
 

椎木里佳の想い

起業家としても活躍する慶應義塾大学1年の椎木里佳氏は、政治に対する熱い想いを語っています。今まで椎木さん自身、あまり選挙には興味がなかったそうですが、18歳の椎木さん自身有権者になったことで、少しずつ政治に対して意識が出てきたと言います。先月、政治家などと対談した本を出し、政治に関して数々の疑問も出てきたそうです。
 

 
大人たちには任せておけない! 政治のこと 18歳社長が斬る、政治の疑問 1,404円
 
 
椎木さんは特に、「60代のクールジャパン戦略担当大臣はおかしい」と訴えています。60代のおじさんが、「カワイイ」を理解しているのか疑問が確かにありますよね。しかし、今まで若者の私たちがそのことを気にせず、まともに政治について考えなかったからこその結果です。「このままだとやばい」と椎木さん自身警鐘を鳴らしています。

 

 

 

自分の将来にも繋がる、その一票

あなたの一票は本当に大きな一票です。椎木さん含め若者の私たちも自分の将来に繋がる政策には興味があるのではないでしょうか?例えば、夫婦別姓。椎木さんは、「自分の苗字が好きだから、結婚しても変えたくない。男性が結婚して苗字を変えるのがカッコ悪いという世間の価値観もおかしい」と訴えます。若者の意識は確実に変わっています!若者の皆さん、7月10日は選挙へ!
 
 
 


 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング