ハーバード大学で、性別欄に “Ze”を利用開始

ハーバード大学で、性別欄に “Ze”を利用開始

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

ハーバード大学、Zeを使用開始

ハーバード大学で、性別欄に “Ze”を利用開始

 

ハーバード大学である取り組みがスタートしました。ハーバードの学生は、自分の情報を登録した時に、HeやShe以外に「Ze」や「They」を選べるようになりました。実はアメリカではハーバードが初めてではなく、様々な有名大学でも「Ze」や「They」の選択肢を取り入れる動きが起こっています。

 

 

ハーバード、「Ze」の使用を認めた理由

ハーバード大学で、性別欄に “Ze”を利用開始

 

アメリカでは、有名大学の間でジェンダー・ニュートラルが広まっています。なぜ、ハーバードはこのような取り組みを始めたのでしょうか?ハーバードの担当者、「仮にその人が、性別を選ぶ際に適切ではないものを選ぶことしかできずに、それが原因で暴露が起きてしまったら、それは適切なものではないと大学内で決定した。」と述べています。

 

 

 

ハーバードだけではない、ジェンダーニュートラル

ハーバード大学で、性別欄に “Ze”を利用開始

 

様々な一流大学で、このような動きが広まっています。アメリカ大学の場合、インターネットで「ey」というジェンダーニュートラルの言葉の使い方を説明しています。さらに、マサチューセッツ工科大学、カーネル大学でも同様な説明がウェブサイト上でされています。オハイオ大学では、ハーバードと同様に性別選択ができるような取り組みを今年からはじめ、ボストン大学では同じ議題が真剣に議論されている途中です。ニューヨーク大学では、トランスジェンダーや性自認が定まっていない人、既存の性別にとらわれない性自認をもった人などの選択肢を含めた7つの性別選択が使えるように動き始めています。

 

 

ハーバード、既に4,000人が「Ze」で登録

 

ハーバード大学では既に4,000人の学生が「Ze」で登録しました。全生徒の1%にあたります。その他にもアメリカでは、「Ze」の学生のためのトイレの設置を進めていたりします。今後この流れは日本にも来るのでしょうか?

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング