【日本サッカーの弱点】本田圭佑が語った、競争力の無さ

【決定力の無さ】本田圭佑が語った、日本サッカーの弱点

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

日本サッカーを象徴する言葉になっている、「決定力の無さ」。大事な場面で決めきれない、チャンスでパスをしてしまう。先日行われたボスニア・ヘルツェゴビナ戦でも浅野選手はビッグチャンスでパスを選択してしまいました。この「決定力の無さ」はなぜ何度も問題になっているのに解決されないのでしょうか?本田圭佑選手がその問題について意見を述べました。

 

 

日本の競争力の無さ

 

 

今回のキリンチャレンジカップで、本田圭佑選手は膝の負傷のためピッチに立つことはありませんでした。そして彼は今大会を果敢に攻める小林祐希のような選手が出てこなければ、日本がワールドカップ上位に入るようなチームには絶対になれないと振り返りました。同時に選手の育成も長いスパンで考える必要があると言います。

 

 

元ストライカー釜本邦茂の考え

 

本田圭佑選手のように、元日本代表のストライカー釜本邦茂さんも日本代表の決定力の無さに言及しています。釜本邦茂さんは、農耕民族の日本と狩猟民族の欧州の違いが原因と主張します。ゴールを決めて絶対に試合に勝つんだと考える本田圭佑のような選手が何人も出てこないと、世界で上位に入るチームを作ることはできないとのこと。

 

 

なぜ欧州は強いのか?

 

欧州は狩猟民族でした。もともと狩りをしなければ生きていけない、そのような血が今の競争力に繋がっていると釜本邦茂さんは分析しています。この一本の矢を射たなければ生きられない、次のチャンスはわからない。一方日本は、農耕民族のため、欧州のような生活をしてきていません。日本でも負けることを経験し、もっと上を目指したいという思いを持たせばいいのですが、今の教育では競争をさせないことがベースになっています。運動会などが良い例です。競争せずに、失敗を恐れる傾向になる。そして、チャレンジしなくなる。これが日本サッカーだけではなく、日本自体を表す言葉になっているのではないでしょうか。

 

 

 

 


 
 
 
競争したいけどできない日本、これによりスマホゲームが発達されたと考えられています。
 
 

【ゲームクリエイターの裏側】なぜスマホゲームは誕生し、流行るのか?

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング