【就活生必見】内定辞退する時の正しい伝え方

【就活生必見】内定辞退する時の正しい伝え方

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

内定辞退の正しい連絡の仕方

就活をしていると、内定辞退をしなければならない時があります。さらに内定辞退を伝えるだけではなく、採用担当から理由まで聞かれるのが一般的です。「参考までに伺いたいのですが・・・」というように。内定辞退の理由を聞かれた時に、どのように伝えるのが正しいのでしょうか?ほとんどの就活生は、「志望度が高い企業から、内定が出たため」と伝えていますが、果たしてそれは正しい伝え方なのでしょうか?

 

 

 

内定辞退の理由は必要なら答える

電話で、内定辞退を伝える場合、向こう側から理由を聞かれた場合のみ答えましょう。新卒の採用担当者にとっては、内定辞退の電話はよくあることです。むしろ採用をやってる側にとっても、内定辞退はあって当たり前のことと認識しているため、聞かれるまで理由なんて答える必要はありません。内定辞退を伝えれば、そのまま承諾される場合がほとんどです。
 
 
 

内定辞退の理由は聞かれた場合偽りなく答える

【就活生必見】内定辞退する時の正しい伝え方
 
電話で内定辞退を伝えた場合、「参考までに伺いたいのですが、辞退の理由をお聞かせ願えますか?」と聞かれる場合は、偽りなく正直に答えましょう。「他の会社から内定をもらって、塾考の末に辞退させて頂くことに決めました。」と正直に答えた方が向こう側にも悪い印象を与えなくて済みます。下手にカッコ良い理由で答えてしまうと、向こう側にも自分にとっても嫌な思いでお別れ、というようになってしまう可能性があります。都合の良いことだけを言う、これは就活において正義ではありません。
 
 
 

内定辞退の時は毅然とした態度で臨む

たまに、内定辞退の連絡を電話で入れる場合、企業側から質問攻めにあってしまうケースがあります。ある採用担当者は、脅しのようなことを言った時もありました。「なんでウチがダメなの?」、「どこの会社行くの?そこやめておいた方がいいよ」など悪い質問攻めが起こる時があります。ナヨナヨ対応してしまうと、その質問攻めに負けてしまうので、毅然とした態度で内定辞退を伝えましょう。
 
 
 

内定辞退、法律違反ではない

【就活生必見】内定辞退する時の正しい伝え方
 
ある企業では、内定辞退を申し出た際に「法律違反だから訴えるよ?」や「後輩たちを君のせいで今後とらなくなるけど、本当にいいの?」などの脅しをしたこともありました。しかし、内定辞退は法律違反ではないので、心配しなくて大丈夫です。だからこそ、脅されても毅然とした態度で臨みましょう。何度も言いますが、就活は内定辞退とセットです。内定辞退はあって当たり前なので、気にすることではありません。
 
 
 

内定辞退の理由、言わなくても大丈夫

どうしても内定辞退の理由を伝えたくない時は、正直に辞退することを伝えれば問題ありません。別に内定辞退の理由を話さなければいけないなどといった決まりはありませんし、義務もありません。過度に聞いてきた場合は、「これ以上の回答は申し訳ありませんが、控えさせて頂きます」と断ってしまっても大丈夫です。
 
 
 

内定先も伝える必要はない

企業によっては、うちの内定辞退して、どこの会社に行くのか?と聞いてくるケースがあります。これも伝えなければならない義務も決まりもありません。伝えたくなければ、伝えなくて大丈夫です。
 
 
 

内定辞退はメールより電話ですること

【就活生必見】内定辞退する時の正しい伝え方
 
 
 
メールで内定辞退を伝えたいと思っている方もいるかもしれませんが、メールだと見落とされる場合があります。企業側も多くの就活生の対応で忙しいので、電話の方が確実です。また、企業側は内定通知を出した時から採用の方向で話をどんどん進めます。できるだけ早く伝えなければ企業側にも迷惑がかかってしまいます。さらに、誠意を伝えるという点においても、メールより電話でした方がいいです。内定を頂いたという感謝の心を忘れずに、最後ぐらいしっかり自分の声で伝えましょう。

 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング