【これで解決】明日から早起きできる簡単な方法

【これで解決】明日から早起きできる簡単な方法

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 
早起きしたいけど、なかなかできない。2度寝をどうにかして、朝の時間を有効利用したい。実際、早起きすると健康的にも良いとされています。今回、誰にでもできる早起きの方法をご紹介します。
 
 

明日から早起き方法(1)1回のアラームで起きる

早起きでもっとも良い方法は、1回のアラームで起きることです。5分や10分おきにアラームをかけている方、1回目のアラームが鳴っても次のアラームが鳴ると思ってなかなか起きれませんよね?結果として、2度寝してしまいます。早起きするなら、絶対にアラームは1回のみです。「この一度しかアラームが鳴らない」と思っていれば、自然と起きる覚悟が身につきます。甘えてはダメです。1回のアラームだけにしましょう。
 
 

明日から早起き方法(2)朝食を食べる

朝食は様々なメリットがあります。しっかり食べることで体内の時計が整い、早起きがしやすくなります。「そんなこと言っても、朝食べる時間ないよ」という方、バナナ一本でも食べるクセをつけましょう。バナナ一本だけでも食べるのと食べないのでは大きな違いがあります。
 
 

明日から早起き方法(3)起きた時に息を吐く

朝食以外に、体内時計を整える方法として、肩を回したり、足踏みをしてみたりリズム運動をすると良いでしょう。さらに、起きた時に息を吐くとリフレッシュします。また、息を吐けば、本能的に空気を吸おうとするので、自然に脳へ酸素が回ります。その結果早起きにつながります。
 
 

明日から早起き方法(4)「寝だめ」をしない

授業がない、仕事がない休日だからといって休日に寝だめをすると早起きする習慣が身につきません。寝だめをするとリズムが狂ってしまいます。平日早起きできてきたならば、休日も早く起きるべきです。休日、昼まで寝るより、朝から自分の時間を作れるなんて素敵だと思いませんか?早起きする分、早く寝ればいいのです。
 
 

明日から早起き方法(5)太陽の光をたっぷり浴びる

早起きしたいならば、毎日朝起きたら1分程度太陽の光を浴びる習慣をつけましょう。日光は我々の体にとってとても重要な役割を果たしています。日光は体内時計をリセットしてくれ、早朝に起きるように再度セットしてくれるのです。
 
 

明日から早起き方法(6)頑張って7時間寝よう

人類のもっとも最適な睡眠時間は7時間と言われています。早起きしたければ、ちゃんと7時間寝るようにしましょう。学生さんには難しいかもしれませんが、寝る3時間前にはお酒やタバコをやめるとさらに良いです。お酒に含まれるアルコールや、タバコに含まれるニコチンは睡眠を浅くしてしまう効果があるので、質の良い睡眠ができなくなってしまいます。また、寝る前にカフェインや明るい光を浴びることも早起きを邪魔してしまう要素なので、できるだけ避けましょう。
 
 

あなたにオススメ快眠グッズ

 
フルーツ クッション オレンジ 2,000円
 

 
 
PLEMO 立体型睡眠アイマスク  1,999 円
 

 
 

マッサージ棒 + 指圧玉 + 収納袋 セット 1,150円

 

 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング