文武両道の優等生、上場企業で働いていた人間が、ある日ピエロになりました。

文武両道の優等生、上場企業で働いていた豊田淳さんは、ある日ピエロになりました。

Share on Facebook39Share on Google+0Tweet about this on Twitter

脱サラピエロ
豊田淳(とよだ・じゅん)

 

【プロフィール】
幼少期からユニークな生き方に憧れを持つものの、周りの目を気にし、優等生の自分を作り上げていることに違和感を持つ学生時代。大学進学後はアメフトに熱中。「ブラック企業に入る」を軸に就職活動をし、ある上場企業に入社。しかし、ピエロという存在を知り、職を辞め脱サラピエロに。ピエロよりもユニークな人たちが日本に溢れるように活動している。
 
 
脱サラピエロ、とてもインパクのあるこの言葉。自分自身の本当にやりたいことをやる、その決意の裏には何があったのか。今回その想いに迫りたい。
 
 

 
 

優等生だったけどモヤモヤ

――ピエロの方にインタビューするのは初めてです。よろしくお願い致します。昔からピエロに憧れていたのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありませんよ。昔から勉強もスポーツもできる所謂優等生でした。今の私からは想像できないかもしれませんが、昔は周りの大人の目を気にして、どうすれば気に入られるのかばかり考えていました。ゴマをするのはとても上手かったですよ(笑)
昔からエンターテイメントに興味がありましたね。中学の頃は、プロレスにハマってました。小・中は野球に熱中し、高校からはラグビー部に入り、毎日汗を流しました。

 

――なぜラグビー部へ入られたのですか?

 

これはラグビーに興味があったかどうかというより、「人は人でしか磨かれない」という考えが豊田家にあったからです。私の家系は、サラリーマンがいないんですね。父はフリーのカメラマンだったり、親戚は士業や自営業の方が多いので。そのため、「人との付き合い方」や「人脈の大切さ」は本当に教えられたというか、自然と身についていました。そのため、高校の中で一番人気、そして人間として魅力的な先輩が多いラグビー部に入りました。勉強もできて、数学のあるテストで偏差値100を取ったんですよ(笑)200点満点で、平均点が23点とかで。このころから、優等生である自分につまらなさを覚え、変人に憧れていました。高校とかだとクラスに1人ぐらい変人がいるじゃないですか。そのような人たちに憧れていたんです。これが高校時代でした。

 

――そうだったのですね。大学では法学部に進学されたそうですね?

 

はい。しかし、大学時代はアメフト一本の生活でした。高校の時と同じような理由で、魅力的な先輩が多かったのでアメフト部に入部しました。大変なアメフト部に入ってしまったので、本当にアメフト10割の生活。授業は、一番最初に出席をし、友達を探して、次に授業に行くのは期末テスト前。そこで友達にノートを貸してもらい、テストを受け単位を取得する。こんな生活をしていました。

 

 

就活の軸は、ブラック企業に入ること

――就活はどうなさったのですか?

 

就活の軸は決まっていましたよ。「ブラック企業に入ること」です。なぜかというと、やはり親族が独立している方ばかりで、自分も将来自分の力で何か事業をしたいと考えていたために効率良く成長できるブラック企業を選んでいました。どうやってブラック企業を見つけたかというと、まずグーグルに「ブラック企業一覧」と聞いてみて、「〇〇社はブラック企業だやめておけ」みたいに書いてあるわけです。私はそのブラック企業を受けていきました。そして、プロトコーポレーションに入社しました。

 

――社名出しちゃって大丈夫ですか?(笑)

 

大丈夫ですよ!初めての朝礼の時に、「ブラック企業だからこの会社に入りました」って社員の皆さんに言っていたぐらいなので(笑)このように言っても、私のことを面白がってくれる会社で本当に良かったです。営業職に就いたのですが、毎日睡眠時間は2、3時間。それでも楽しかったです。「俺が絶対一番になる」と調子に乗ったことを言うと、「新卒に負けるわけねえだろ」というように先輩方もムキになってやっていましたよ。完全な実力主義。こんな社風だったために、本当に学ぶことが多かったですね。そして、生まれてから名古屋以外で住んだことのある街はなかったのですが、初めて東京に転勤することになりました。

 

 

人生で大切なことは、腹の底から笑い転げた数が多いこと

文武両道の優等生、上場企業で働いていた人間が、ある日ピエロになりました。

 

――東京はどうでしたか?

 

この東京での経験が、ピエロに結びつきます。東京に来てみると、本当に面白い方たちばかりでした。今までに出会ったことがない人が山ほどいました。そして、池袋でBarをやっている二宮さんとの出会いが大きく私の人生を変えました。たまたま共通の知人がいて、二宮さんの誕生日パーティーに参加したことがきっかけです。この二宮さんは友達が多く、面白い人をたくさん知っていたんですね。自分とは対照的なことに気が付いたのと同時に、高校時代から憧れていた私の真逆にいる変人、その位置にいた二宮さんがとても魅力的に思えたのです。そして、悩み始めました。自分には何があるのか、将来何ができるのか、何がしたいのか・・・。そして父親に相談してみたのです。するとある言葉をくれました。それは、「人生で大切なことは、腹の底から笑い転げた数が多いことだ」です。この言葉にすごく納得し、自分自身がまず最高に笑えて、周りの人も笑ってくれるような人生を歩みたいなと考えました。

 

――そうだったのですね。ピエロという考えにはどのようにして至ったのですか?

 

お笑い芸人も考えたのですが、どこか違うなと思い、ネットで調べているとピエロの存在と、ピエロの養成学校があることを知りました。「これだ!」と直感的に思いましたね。その日からピエロのことばかり考えていました。会社を辞める3ヶ月前のことです。

 

――「ピエロをやる」、周りの反応はどうでしたか?

 

父は賛成してくれましたが、母は心配していましたね。他の人には、キョトンとされました。ある日上司に、ピエロをやるから会社辞めますって言ったんですね。そしたら、「は!?」ってなって、精神科を紹介されました(笑)面白そうだったので、試しに精神科に行ったら、うつ病と診断されて・・・。ちなみに、うつ病の診断書は額に入れて飾っていました。それでもピエロをやると言い張っていたので、徐々に周りも「本気なんだ」というふうになっていきました。周りに発信していたことにより、自分がやりたいこと・やるべきことがどんどん明確になっていきましたね。

 

――会社を辞められてからはどうでしたか?

 

バイトをしながら、1年ほどピエロの養成学校に通いました。どんどんお金は減る一方で、初めて貧乏を経験しました。結構落ち込んでいましたよ。本当にうつ病だったかもしれません。うつ病の診断書を先にもらって、後からうつ病になるという・・・(笑)家賃どうしよう、電気代払えない、明日水道止まるかも・・・。不安が多かったです。しかし、徐々に貧乏でも生きてはいけるなと感じていましたね。
会社を辞め、今脱サラピエロになって2年弱が経ちました。ピエロとして、まだまだ未熟者ですが、笑い転げる人生のために、これからも一歩ずつ精進して参ります。

 

 

夢と愛は、幸せを感じ続ける

――最後に学生に向けて何かメッセージをお願い致します。

 

今自分が見ている世界が、全てではないよと伝えたいです。そして、私は本当に人脈が大切だなと感じます。周りに話せる人がいて、自分を助けてくれる人がいる、これは本当に人間にとって必要なことです。是非学生のうちから人脈、そして世界を広げてみてください。最後に幸せな時ってどんな時だと思いますか?それは、幸せと関係するある脳内ホルモンが出た時に幸せって感じるんです。欲求を満たすとき、ホルモンは出るのですが、普通ホルモンの放出は長続きしないんです。
しかし、ある2つの時だけ、その幸せホルモンは出続けます。それは、(1)夢、(2)愛がある時です。目標や夢に向かって頑張っている期間は幸せホルモンが分泌され続けます。人を愛し、愛されている時は幸せホルモンが分泌され続けます。
人生の成功とは幸せである。僕は、僕の笑い転げる人生を、夢と愛で溢れさせるために。今日もピエロで在り続けます。

 

 

人生は人のものではなく、自分のものだ。自分がやりたいと思ったその直感に従い、それを愛し、夢を持ち続ければ幸せホルモンいっぱいの人生になるだろう。学生のうちに世界を広げること、いろいろな経験をすることはとても大切であると改めて感じた。

 

 
 

【8/1~ピエロとルームシェアしてくれる人募集!】 

~軽い気持ちで、Let'sシェア♪~

諸事情により、ルームシェアしてた同居人が7月末で、家を出ることになり、僕も引っ越そうかと思っていたのですが、 (「えっ?まさか、あなたと!?」みたいな意外な人と住むことになったら面白いな。)との思惑もあり、 ちょっと試しに募集してみます。

集まんなかったら、シェアハウスにでも住もっかなーと思っています。

<物件情報> ・西荻窪駅より徒歩15分  (吉祥寺と荻窪の間、中央線快速で新宿まで13分) ・2F角部屋 ・ベランダ有(柵の形がオシャレ) ・2LDK(6畳の個室が2つ) ・フローリング ・バストイレ別 ・でかいクローゼット有 ・家賃40,500円(ピエロと折半のため) ・電気ガス水道→だいたい3,500円(折半で)

◇メリット ・初期費用がいらない ・屋台街みたいなところが近くにあり、飲み屋には困らない ・コンビニ、スーパー、100均など一通りある ・交通の便が良い(バスもよく通る) ・部屋がけっこう広くてキレイ(特にお風呂はリフォームしたばかり) ・各部屋にエアコン付き ・陽当たり、風通し、バッチリ ・最近ピエロが、料理好き ・毎日、愉快な宅飲みが出来る

◆デメリット ・駅からちょっと遠い(チャリがあると便利) ・お風呂に脱衣所がない ・いびきがうるさい同居人がいる(ピエロ) ・ピエロが喫煙者(ベランダとかで吸います)

<同居人情報> 1989年4月29日生(27歳) B型 ピエロ(フリー)/お笑いの劇団にも所属 お酒はザル 170㎝90㎏程のキャラクター体型(最近、太り気味) おおらか、おおざっぱ、めんどくさがり

話だけでも聞きたい!、内見してみたい!、心当たりがいる!っていう方はコメントやメッセージください♪ 全く面識がない人とか、試しに数ヶ月とかでも面白いかも。 冷やかしコメント、とりあえず飲みに行くわ、大歓迎!

連絡先:https://www.facebook.com/jun.toyoda1

 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook39Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング