【内定ゲットへ】就活が上手くいかない学生の共通点と対策

【内定ゲットへ】就活が上手くいかない学生の共通点と対策

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

就活が上手くいかない学生

自分はまだ内定がない、周りの友達はどんどん内定をとっていく、このような状態だと焦りますよね?また、頑張っていろいろな会社にアプローチしているのに、内定がゲットできないと周りの友達云々モチベーションが下がりがちです。就活があまり上手くいかない時、どんな気持ちになりますか?今回は、内定を取るために就活が上手くいかない学生の共通点、そして対策をご紹介します。

 

 

内定が取れない就活生の本音

就活が上手くいっていない学生の本音は、「就活は嘘をつくべきなの?」、「書類や面接だけで俺の何がわかるんだ」、「もう就職できないのかな?就活やめたい」ってところではないでしょうか?実際、周りの友達が自分の経歴を盛って面接に臨み、内定をゲットしてきたなんて話を聞けば、バカ正直に話している自分は何なんだ・・・。と思う人もいるでしょう。損した気分になりがちです。また、なかには「書類や面接だけで俺の何がわかるんだ」とイライラしている人もいるのでは?就活の本来のあり方について疑問を感じてしまい、就活に対するモチベーションが下がってしまいます。不採用通知が何度も何度も来ると、社会から拒絶されているような気分になってしまい、「もう就活やめたいな」などといった思いにもなってしまいます。では、どのように改善すればいいのでしょうか?

 

 

就活が上手くいかない人の解決方法

就活が上手くいかない人の原因は、はっきりしています。そしてそれには様々なタイプがあります。自分がどこでつまずいているのか、以下の特徴で当てはまるものがあれば、注意し、改善が必要です。

 

(1)自己分析不足タイプ

就活が上手くいかない人は、「自己分析」が不十分な場合が多いです。自分自身のことですから、当然自分が自分の長所や短所を一番理解しています。しかし、面接になると上手く表現できなかったりします。また言い回しを変えられたりすると、対応できない場合もありますよね?そこで、このような人たちは、自己分析を「文章化できるレベル」までやらなければなりません。自分のことだから、聞かれればなんとなく答えられるでしょ!と思っていると、いざ言うとなると言えないものです。そのため、自己分析だからといって油断せずに、長所や短所、なんでこの仕事をしたいのか、将来どうなりたいのか、を書いておくといいでしょう。文章化できるほど徹底的に分析すれば、どんな質問が来ても対応できるようになります。

 

 

(2)業界・企業研究不足タイプ

面接の致命的な弱点となってしまうのが、この業界や企業研究不足。志望動機を聞かれ、その企業ではなく、業界についての想いを熱く語ってしまうと、「ライバル会社でもいいのでは?」と言われてしまいます。逆に、その企業に対する熱い想いを伝えたとしても、企業研究が不十分で変なことを言ってしまった場合、つっこまれます。このタイプの対策も、「徹底的」がキーポイントになります。HPや説明会で受けた説明、入手した資料を読み込んで、出てきた質問をメモし、さらに調べていくといいでしょう。その疑問を、説明会などで人事の方にぶつければ好印象を持たれるかもしれません。また、それらの質問を面接中にするのも良いです。「最後に何か質問ありますか?」と聞かれ、ありきたりな質問をするより、自分自身が思っている疑問をぶつければ採用担当者も「おっ」と良い印象を持つかも!

 

 

(3)面接準備不十分タイプ

就活が上手くいかない学生の共通点として、面接準備が不十分ということも挙げられます。エントリーシートや履歴書はじっくり考えながら書くことができますが、面接はその場で勝負です。そのため、上記でも書きましたがまず自己分析、業界や企業研究を徹底的にやり、文章化しておくことが大切です。また、面接の対策としては、答える内容だけではなく、答え方を練習しておく必要があります。どんな姿勢で、声色で、表情で、受け答えをするのか、しっかり簡潔に伝えられるのか。面接は、あなたがどのような人なのか、雰囲気や性格を見るために実施されます。しっかり「あなた」を表現するためにも、友達や家族、大学の就職課などにお願いをし、練習をする必要があります。

 

 

(4)反省しないタイプ

不採用通知を受け取った時に、反省していますか?「まあ、この企業とは縁がなかったってことだな」、と考えることもできますが、反省をする必要はあります。就活でも復習は必須です。なぜこのエントリーシートはダメだったのか、文章がありきたりになっていないか、パターン化していないかどうか、など振り返れば次に活かせる部分も多くあります。

 

 

(5)自分に自信がないタイプ

何度も不採用通知を受けていると、自信がなくなっていきます。その雰囲気は面接官にも伝わってしまいます。まさに悪循環ですね。「自信を持て!」と言われても、なかなか難しいのが現実ですが、面接は数十分です。たった数十分間の面接の間だけは自信満々に振る舞う、演技することも大切です。

 

 

内定ゲットへ

就活で内定がなかなか取れない人は、必ず原因があります。その現実を受け止め、改善する必要があります。徹底的に分析し、復習をし、元気良く。これが内定が取れない就活生には必要なポイントです!

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング