忙しい日本人

日本人の幸福って何なの?外国人留学生が日本で感じたこと

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

日本人の幸福って何なの?という問いかけから始まるベトナム人留学生のコラムが話題になっています。

あなたはあなた自身の幸福を見つけらていますか?

 

 

 

以下引用

 

留学生グエン・テイ・トゥイ(千葉県21歳)
私は日本に来るまで、日本は立派で偉大な国だと思っていた。来日当初も、街の発展ぶりや人々の生活の豊かさを見て、私の国のベトナムとの差は大きいと感じた。きっと日本人は自分の国に誇りを持ち、幸せだと感じているのだろうと思っていた。
しかし、来日から10ヵ月が過ぎた今、実はそうではないように感じる。
日本は、世界でも自殺率が高い国の1つだという。電車の中では、睡眠不足で疲れた顔をよく見る。日本人はあまり笑っていないし、いつも何か心配事があるような顔をしている。
日本人は勤勉で、一生懸命働いて今の日本を建設した。
でも、会社や組織への貢献ばかり考え、自分の成果を自分が享受することを忘れていると思う。ベトナムはまだ貧乏な国だが、困難でも楽観的に暮らし、めったに自殺を考えない。
経済的豊かさは幸福につながるとは限らない。日本人は何のために頑張っているのか。幸福とは何なのか。日本人自身で答えを探した方がいいと思う。

 

 

幸福とは人それぞれで違うものです。しかし、最近の日本では成功と幸福の区別ができていない人が多いように感じます。

あなたにとっての幸福を、あなたは自分で語れますか?

それぞれの持つ幸福の価値観を追求できる世の中になってほしいと思います。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング