【 #私は何の人として覚えてますか 】この人誰だっけを防ぐ方法

【 #私は何の人として覚えてますか 】この人誰だっけを防ぐ方法

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

Twitterで、「#私は何の人として覚えてますか」が話題になっていますが、皆さんは「この人誰だっけ?」と思うことはありませんか?顔はわかるけど、名前が出てこない・・・なんてこと歳を重ねれば重ねるほど出てくるのではないでしょうか?そこで今回、「この人誰だっけ」を防ぐ方法をご紹介します。

 

この人誰だっけを防ぐ、名前を覚える時の注意点

 

まず、よくありがちな顔はわかるけど名前がわからない。このようなケースを防ぐために、3つのポイントをご紹介します。
 

①会話中に意図的に相手の名前を口に出す。

会話中に、相手の名前を意図的に呼ぶことを心掛けます。

例えば、「ここの資料、どう思う?」を、「〇〇さん、この資料どう思う?」というように、意図的に名前を入れてみましょう。

なぜ名前を意図的に入れるといいのか?

記憶の基本は反復だからです。皆さんも英単語を覚える時何度も書いたり、見直したりしませんでしたか?反復していると人は自然に覚えるものです。

 

②名前の由来を聞いて見る

少しでもインパクトを残すために、名前の由来を聞いてみるといいかもしれません。名字だったら、出身地の話へ繋げられます。名前もエピソードを聞くことにより、覚えておきやすくなります。「名前の由来が、笑顔いっぱい美しい、笑美さんだ」というように。

 

③有名人や知り合いの名前と関連付けてみる

有名人と関連付けることで覚えやすくなると思います。綾瀬さんだったら、綾瀬はるか=この綾瀬さんね、というように。綾瀬はるかさんのように笑顔が素敵だな〜なんて思えば、より覚えやすくなりますね。

 

この人誰だっけを防ぐ、名刺交換の時のコツ

 

名刺交換をした際に、是非SNSの交換もしておきましょう。Facebookが一番いいですね。その人のプロフィールがFacebookを見れば一目瞭然です。また、その日のうちにメッセージで、「〇〇でお会いした、△△です。本日はありがとうございました」なんていうメッセージを送っておくと、丁寧な方だなと思われるのと同時に、後々メッセージの履歴から、「あ、□□さんは、あの〇〇のイベントであった人だ」というように思い出しやすくなります。雑談を結構されたのであれば、その時のエピソードや感想もメッセージの中に入れるとさらに良いですね。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?名前や顔を覚えておかないと失礼になりますが、全員を全員頭の中に入れておくのはほぼ不可能です。そのため、気軽に思い出せるような準備や心構えを普段からしておくと、「この人誰だっけ」を防ぐ1つの方法になると思います。是非実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング