【女子必見!】夏に向けて動け!美髪を保つ紫外線ケア!

【女子必見!】夏に向けて動け!美髪を保つ紫外線ケア!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

五月の紫外線量は年間で一番多い!

 
 
【女子必見!】夏に向けて動け!美髪を保つ紫外線ケア!
 
 
日差しが強くなってきましたね!みなさんUVケアはきちんとしてますか?
 
「もちろん!きちんと日焼け止め塗ってるよ!」
 
ちょっとまって!もしかして気にしているのお肌だけ?
 
「えっ?肌以外にUVケアするところあるの!?」
 
その通り!肌以外にも女の子は髪の毛も気にしなくちゃ!せっかくの綺麗な髪が紫外線でボロボロ…なんてことなりたくないでしょ?
 
そんなあなたのために、今日は美髪を保つために必要なヘアケアを紹介しちゃいます!
 
 

どうして髪にダメージが?

 
 
【女子必見!】夏に向けて動け!美髪を保つ紫外線ケア!
 
 
髪が紫外線によって傷んでしまう理由は、紫外線が毛髪の内部のメラニンを分解してしまうからです。
髪のメラニンが分解されることによって、健康な髪だったとしても、赤茶けた色などになってしまい、他には光の加減で白くなってしまうこともあります。
 
それだけじゃないんです!
毛髪のタンパク質を構成するシスティンという結合部分にも紫外線によってダメージが与えられてしまうため、髪の毛が不自然なところですっぱりと切れてしまったり、髪をとかしただけでブツっと切れてしまったりと、枝毛や切れ毛といった現象が起きる原因となります。
 
あなたはそういう経験ありませんか?
 
 

髪を守るためにはどうすれば?

 
 
【女子必見!】夏に向けて動け!美髪を保つ紫外線ケア!
 
 
対応策としては、外では帽子をかぶる、または日傘をさすことです。
これだけで相当量の紫外線を防ぐことができます。
(ちなみに照り返しによる紫外線は基本的に心配しなくても大丈夫です。)
また髪にあたる紫外線の量は顔の3倍にもなるので外出する際は気を付けましょう!
 
もちろんこれらのアイテムはUVカット素材のものを選らぶようにしてくださいね。
髪が長い場合は、紫外線を当たる面積を減らすために結んだりしたほうがいいですね。
 
髪の日焼けを防ぐためには、メトキシケイヒ酸オクチルなど、白くならない紫外線吸収剤が使われている髪用の日焼け止めを選びましょう。
日焼け止めを塗る際には髪の表面だけなく、頭皮にもきちんとつけるようにしてください。
他には、UVカット効果のある洗い流さないタイプのトリートメントをすることも大切です。
 
 

頭皮は大丈夫?

 
 
【女子必見!】夏に向けて動け!美髪を保つ紫外線ケア!
 
 
最後に髪のヘアケアでも特に注意したい頭皮の日焼け。
 
こまめに塗り直しが出来たり、帽子や日傘をさせる状況ならいいのですが、運動会や海など、長い時間外に出ていないと行けない時もありますよね?
 
気づかないと、日焼けで頭皮が真っ赤になってシャンプーもままならない状況になってしまうかも…?
 
さらに日焼けの影響で、頭皮にある髪を作るための細胞(毛母細胞)は、うまく髪を作れなくなります。
それが続き、状態が悪化すると、髪そのものが作られなくなってしまう可能性もでてきてしまいます。
 
また、髪の毛根には、髪を黒くするための細胞があるのですが、頭皮の日焼けが原因で、髪を黒くすることができなくなり、白髪の原因になるともいわれています。
 
いかがでしたか?
紫外線対策をきっちりして夏を楽しんでくださいね!

 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング