ボードゲームイベント

【#イベント】誰でも参加可のボードゲーム交流会に行ってきた

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

ボードゲームイベント

 

ボードゲームとは

 

日本でもオセロや将棋、囲碁、チェスなど様々なボードゲームが遊ばれていますが、それらはほんの氷山の一角にすぎません。

世界には1000種類以上のボードゲームがあると言われており、今回はその中から心理的駆け引き、運、想像力、バランスなど、様々な能力が試されるものを、ボードゲームアドバイザー、中嶋智英さんが厳選!

 

以下、イベントにて遊んだボードゲームを紹介します。

 

Dixit(ディクジット)

 

ディクジット、dixit、ボードゲーム

 

Dixitは、ドイツ年間ゲーム大賞を受賞し、世界中にコミュニケーションボードゲームブームを起こしたボードゲームです。

ルールは簡単で、1人手札を5枚持ち、1人ずつ語り部を務めます。語り部は手札からカードを1枚出し、そのカードから連想されるイメージを語ります。

語り部以外のプレイヤーは、そのイメージに関係していると思うカードを自分の手札から出します。

全員がカードを出したら、語り部が出したと思うカードに投票し、その投票結果によりそれぞれがポイントをもらえます。

 

コヨーテ

 

ボードゲーム、コヨーテ、イベント、

 

コヨーテは、ハッタリと計算が試されるボードゲームです。1人1枚ずつカードが配られ、一斉に自分のカードを見ないように頭の上にカードを上げます。

カードには、1~20までの数字の他に、「max→0」「×2」「マイナス」などがあり、簡単に全員の合計はわからないようになっています。

プレイヤーは1人ずつ順番に数字を言っていき、プレイヤー全員のカードの合計より、その数字が大きいと思ったら、「コヨーテ!」と宣言します。

その数字がプレイヤー全員の合計を超えていたら負けです。

数字が超えているか超えていないか、ギリギリの心理戦にスリルがあります。

 

キャット&チョコレート

 

キャット&チョコレートは、簡単言えば言い訳ゲーム。

プレイヤーは3枚ずつ手札を持ち、その3枚のカードを使って、様々なトラブルに対して言い訳をします。

言い訳に対してその他のプレイヤーは投票をし、投票結果によりポイントが得られます。

トラブルに対する言い訳に人柄が表れるのが魅力です。

 

参加してみて…

 

今回ボードゲーム交流会に参加してみて、初めてプレイするものばかりな上に、初対面の人ばかりでしたが、ボードゲームを通じてすぐに仲良くなれました。

「簡単なルールで人との交流を深めることができる。」

これが今回のボードゲーム交流会で私が感じたボードゲームの魅力でした。

テーブル毎に分かれてプレイするゲームもあり、別のテーブルは動物の名前を叫んで盛り上がっていたり、皆静かに考え込んでいたりと、他にも楽しそうなゲームが見受けられました。

また、次回開催される日時が分かり次第、ガクビジでも告知していきたいと思います。

ぜひあなたも参加してみては?

ボードゲーム、オススメです!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング