ghana

アフリカへ旅をする時代!学生のうちに行っておきたい国、ガーナ!

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

「社会人になると時間がない」、よく聞くフレーズですね。

新学期も始まり、既にGWや夏休みの旅行の予定を立てている人は少なくはないのではないでしょうか?

そんな今回は、アフリカ・ガーナの旅の魅力をお伝えします!

「何だかアフリカって危険なイメージ」、そんな方も多いかと思いますが、実は大自然があり、非常に旅行しごたえのある場所なんです。

 

ガーナへの行き方

 

ghana

 

まず、「ガーナへの航路」は

①ヨーロッパ経由

例.<成田→イスタンブール(トルコ)→アクラ(ガーナ)>

②南周り

例.<成田→香港→アジスアベバ(エチオピア)→アクラ>

③アフリカ直航便

<成田→アジスアベバ→アクラ>

値段は、安いものでは、往復チケット10万円以内で購入可能です!

 

 

ガーナに行くまでに必要なもの

 

ghana

 

①イエローカード:黄熱予防接種の国際証明書です。ガーナは、この証明書がなければ入国することができません。費用は、約1万円です。

→予防接種はこちらで

②ビザ:ガーナ入国には、観光ビザが必要です。費用は、約1万円です。ガーナ大使館は、六本木ヒルズの近くです。

→ビザ取得はこちらで

③その他予防接種

→ガーナでかかりやすい病気・怪我

④ドルまたはポンド、ユーロ:日本円をガーナ(セディ)に両替することはできません。

 
 

ガーナの基本情報

 

ghana

①気候:熱帯の国というイメージがあるかもしれません。南部はアマゾンに似ている熱帯雨林気候。首都アクラは乾燥した赤道気候になっています。雨季は、3月〜10月まで。乾季は11月〜2月までです。しかし、雨季の時期も一日中雨が降り続くことはほぼありません。
気温は年間を通じて21度から32度位までで、思っている以上に熱いとは感じないかもしれません。

②宗教:イギリスの植民地ということもあり、国民の約半数がキリスト教徒です。

③公用語:英語が公用語です。

 

 

ガーナの観光スポット

 

①奴隷貿易の拠点として使われた負の遺産・ケープコースト城

ケープコースト城

②歩いてサファリができる・モレ国立公園

lion

③アクラを一望できる・アブリ植物園

アブリ植物園

 

 

ガーナの食べ物

 

①フーフー

日本のお餅のようで美味しいです!プランテーン、キャッサバからできています。

フーフー

②ファンアイス

ガーナの激ウマアイスです!

ファンアイス

 

 

おすすめ宿泊先

 

①高級感漂う・モーベンピック アンバサダー ホテル アクラ

Movenpick Ambassador Hotel Accra

 

 

注意事項

 

①マラリア(基本的に蚊に気をつけましょう)

→米軍が使用している世界最強の虫除けクリーム

②すり(財布などはポケットではなくカバンへ)

③タクシー(たまにぼったくられます。乗る前に交渉を)

 

 

いかがだったでしょうか?

ガーナは親日国です!

一度きりの人生、学生のうちにアフリカ旅行はいかがでしょうか?

 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング