あのアスリートも実践!大学生が将来のために始めたい、毎日5分からの新習慣3選

Share on Facebook4Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

毎日、授業を受けてサークルに行って、バイトや飲み会があり忙しい大学生。

 

でも、将来のために何か自己投資をした方がいいと感じたあなたに、あのアスリートも実践している大学生が今日から始めべき、習慣を3つご紹介。

 

なかなか毎日続けることは難しいかもしれませんが「継続はちからなり」ということわざがあるように、あなたにとって無駄にはならないはず。

 

ますは始められそうなことから実践してみてください。

 

1、ニュースをチェックする

imagenewspaper

 

大学生が毎日の習慣に始めたい一つ目は、「新聞を読む」ことです。

 

それでもなかなか取っ掛かりづらい方には、ニュースアプリをダウンロードすることがおすすめ。

 

電車の中でも隙間時間にサクサクと読めそうですよね。

 

チェックしておきたいのは、経済情報に特化したニュースキュレーションアプリ「NEWS PICKS」。

 

このアプリの特徴は、記事だけでなくその道の専門家やユーザーの幅広いコメントを眺められる点です。

 

知識・経験が豊富な人や異なる視点を持っている人のコメントが見れ人気を誇っています。

 

2、1日一時間机に向かう

imagestudy300x

 

教養を深めるために「1時間机に向かう」習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

 

自分の興味のあることはどんどん覚えられますよね?

 

まずは、材料はその日の授業でも気になる雑誌を研究するのでも何でも好きな分野で大丈夫。

 

意識的に知識を蓄え視野を広げる時間に使ってみてください。

 

例えば放課後の何時までは図書館にいると自分で決めるのも継続のコツかもしれません。

 

なんとこの方法、百獣の王で知られる武井壮さんも自己投資として行っていることだそう。

 

毎日の習慣にすることで、その日に一時間何の勉強をするのか考えるのが楽しくなりそうです。

 

 

3、本を読む

readingbook311x

 

全国大学生活協同組合連合会の調査では、全く本を読まない学生が45パーセント以上であると報告しています。

 

確かに電車で読書をしている大学生はあまり見かけないですよね。

 

一方、アメリカの大学では4年間で400冊以上読書をする大学生は珍しくないのだそう。

 

図書館や本屋に行くことで、話題となっている情報を収集できたり、自分の興味のない内容でも自己投資になる素敵な出会いがあるかもしれません。

 

ちなみに、社会の第一線で活躍する方が、カッコイイ女性の条件として車内で小説を読む女性とあげていました。

 

今日から教科書と雑誌、漫画意外読まない大学生は卒業しませんか?

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook4Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング