悩む人

インチキな情報商材、過剰な自己啓発にハマっちゃう人の共通点

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

最近インチキな本や、自己啓発系の情報商材の詐欺被害にあっている方が多いようです。詐欺でなくとも、自由な生活、自分のペースで成功などを文句に、マルチ商法に人々を巻き込むネットビジネスも流行しています。

 

これらの被害にあう人の共通点はなんでしょうか?

 

 

ノンフィクション=真実という考え方

 

図書館

 

インチキな本や、ヤバい自己啓発、マルチ商法のネットビジネスに過剰にハマってしまう人には、共通点として「本を読みなれてない」ということがあるそうです。

本もあまり読まない上に、マンガもあんまり読まない。これだと物語に免慣れていないため、成功者の語るストーリーをあっさり信じちゃう傾向にあるようです。つまり、ノンフィクション=真実、みたいな考え方ですね。

 

よく本を読むように、とは事あるごとに言われますが、自身の知識を広げるだけでなく、情報社会でカモにされないためにも本を読むことは必要になっています。

 

インチキな本や、自己啓発の情報商材やセミナーに騙されないためにも、様々な本を読み、豊かな想像力を身につけましょう。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング