【移籍】清武に欧州のビッグクラブからオファーが!来季はCL参戦か?!

【移籍】清武に欧州のビッグクラブからオファーが!来季はCL参戦か?!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

【移籍】清武に欧州のビッグクラブからオファーが!来季はCL参戦か?!

 

日本代表で、ドイツブンデスリーガ1部ハノーファーでも活躍している清武弘嗣が、今夏の移籍市場に向けて大人気銘柄となっている。

2部降格が決まったハノーファー

 

清武弘嗣が所属するハノーファーは来季の2部降格が既に決まっている。
 
今季のハノーファーの低迷は清武弘嗣の不在が大きく影響した。清武が負傷する以前の第11節終了時に、ハノーファーは14位と残留圏内にいた。しかし、清武が負傷してからは2連敗、インゴルシュタットに1勝したのをはさみ、その後は8連敗。清武は22節に復帰したが、1勝の後に5連敗。不調の波は止まらなかった。

関心を示す複数の欧州ビッグクラブ

 

来季降格が決まったチームの背番号10に、欧州のビッグクラブが興味を示している。

同じブンデスリーガを今季3位でフィニッシュすることが決定し、来季のCL出場が決まっているレヴァークーゼンや、EL2連覇中で今季も決勝に進出しているセビージャが関心を寄せている。
 
今季清武はリーグ戦21試合に出場し、5ゴール6アシストを記録しているが、試合での存在感は、スコアポイント以上だ。今季はブンデスリーガ公式が選ぶマンオブザマッチに5回も選出されている。

本人は明言していないが、他クラブからオファーがあれば来季2部でプレーするつもりはないだろう。
 
さらに、レヴァークーゼンやセビージャに移籍が決まればCLに出場することができるかもしれない。(セビージャは、ELを制覇するとCL出場権が得られる。)

 

ブンデスの複数クラブからも関心が

 

清武にはシュツットガルトケルン、原口元気の所属するヘルタベルリンなどからも関心が寄せられている。契約には2部降格時には650万ユーロ(約8億円)で移籍可能となる条項が含まれていると言われているため、現実味のある移籍になりそうだ。

 

26歳になった彼にとって、この移籍がサッカー人生を大きく左右することになるのは間違い無いだろう。

岡崎慎司や香川真司と共に、来季はCLでの出場が見られるかもしれない。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング