相次ぐ漫画・アニメ実写化・・・ 原作ファンの思いを代弁した動画がついに登場する

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

マンガ原作映画、ことごとく不評の嵐・・・

 

ここ数年、「売れている漫画・アニメ作品の実写映画」を目にします。

 

相次ぐ漫画・アニメ実写化・・・ 原作ファンの思いを代弁した動画がついに登場する

 

過去の作品なら「デスノート」「のだめカンタービレ」あたりが有名でしょうか。

比較的最近では「進撃の巨人」が前後篇での実写映画化を果たし、かなりの反響を呼びました。

また、2017年の冬に「鋼の錬金術師」の実写映画が公開されることが発表され、これも世間を騒がせています。

 

相次ぐ漫画・アニメ実写化・・・ 原作ファンの思いを代弁した動画がついに登場する

 

しかし、これらのマンガ原作の映画は、原作ファンからの評価がすこぶる悪いのがもはや当たり前になっています。

ツイッター上でも

 

 

などと言われる始末。

映画製作の現場も苦労が絶えないようです。

 

 

原作ファンの思いが壮大な動画に!

 

そんな中、ネット上にアップされたとある動画がこちら。

 

 

原作ファンの想いをこれでもかとぶち込んだ内容になっております。

「映像化不可能と言われた」

「最高のキャストが集結」

なんて、めちゃめちゃよく使われてるワードですね。

 

凄すぎる藤原竜也

 

動画でも登場しますが、マンガ原作における藤原竜也の力は本当にすごい。

 

10億円あればヒット作と呼べる映画業界において、藤原竜也主演の「カイジ 人生逆転ゲーム」では興行収入22.5億円、

 

相次ぐ漫画・アニメ実写化・・・ 原作ファンの思いを代弁した動画がついに登場する

 

「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最後編」は合わせてなんと80億円を突破するという快挙を果たしています。

 

相次ぐ漫画・アニメ実写化・・・ 原作ファンの思いを代弁した動画がついに登場する
Exif_JPEG_PICTURE

 

マンガ原作映画の大ヒットを支え続けてきた藤原竜也さん。

そんな経歴から、非常に厚い支持を得ているようです。

 

 

マンガ原作映画の今後、果たして・・・!?

 

マンガ原作映画の背景には、映画業界そのものが厳しい現実に立たされている現実があります。

オリジナルの脚本より、元から人気のあるマンガ・アニメ作品でないと、スポンサーがつかなくて映画製作ができない、というのが映画業界のジレンマになっているようです。

 

しかし、それによって不満を漏らす原作ファンが数多くいるのも事実。

うまくそのあたりの折り合いをつけられるようになれば良いのですが・・・

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング