ボードゲームアドバイザー中嶋智英

大切なのはワクワク感。ボードゲームアドバイザー中嶋智英さんが語る、楽しい時間の共有方法

Share on Facebook3Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

ボードゲームアドバイザー

中嶋智英(なかじま・ともひで)

 

以前参加した「ボードゲーム交流会」にて、ボードゲームアドバイザーとして様々なボードゲームを紹介し、参加者全員と一緒にプレイすることで笑顔の絶えない空間を作り出していた中嶋智英さん。ボードゲーム交流会に参加するまで「ボードゲームって何?」としか思っていなかった私の想像をはるかに上回る楽しさをボードゲームを通じて提供していただいた。今回は、そんな中嶋さんがボードゲームにハマったきっかけや、ボードゲームの魅力、ボードゲームアドバイザーとしての中嶋さんの想いに迫った。

 

 

「ボードゲーム交流会」の過去記事を読んでいない方はこちら!

【#イベント】誰でも参加可のボードゲーム交流会に行ってきた

 

小学生にボロ負け!? 「ごきぶりポーカー」との出会い

 

――ボードゲームアドバイザーとして活動されているそうですが、中嶋さんがボードゲームにハマったきっかけについて教えてください。

 

もともとはファミコンなどのデジタルゲームが好きな人間で、ボードゲームといえば子供の頃に遊んだ人生ゲームや将棋くらい。大人になってから遊ぶことはありませんでした。ところが数年前ごきぶりポーカーというゲームを遊んだことで世界が変わりました。

 

 

 

――随分変わった名前のゲームですね。

 

ええ、知り合いの親子が、ワイワイとゴキブリやコウモリのイラストが描かれたカードで遊んでいて「どんなルールなのだろう?」と気になって混ぜて頂いたのです。

ルールはすぐにわかりました。これなら簡単と思っていたら、なんと子供にあっさりと負けてしまったのです!そのあと何回か遊んでも勝率は五分五分くらい、年齢にかかわらず対等に遊べることに衝撃を受け、いろいろなボードゲームを遊んでみようと思うきっかけになりました。

 

ボードゲームアドバイザー中嶋智英さんおすすめ、ゴキブリポーカー

 

――実際にいろいろなボードゲームをプレイしてみてとても楽しかったです。

 

大切なのは、遊んでいる瞬間のワクワク感

 

――中嶋さんが感じるボードゲームの魅力について教えてください。

 

ボードゲームの魅力は、だれもが対等に遊べて楽しい時間を共有できるところにあります。

使うのはカードやコマ、サイコロなどです。そのため体力の有る無しは関係ありません。また、運の要素もあるので頭のいい人が必ず勝つとも限りません。もしかしたら発想力が豊かな人が、場を盛り上げる事もあるでしょう。

ゲームなので勝敗がつきますが、たとえ勝てなくても楽しいのです。大切なのは遊んでいるその瞬間のワクワク感だからです。そして全員で笑顔になれることが魅力だと思います。

 

 

 

――中嶋さんのボードゲームアドバイザーとしての想いを聞かせてください。

 

ボードゲームを通して、色々な方々に楽しい時間を過ごして欲しいと思っています。

現在は東京での交流会の他に、地元千葉の児童養護施設や学習塾に出向き、大人も子供も一緒になって遊んでもらっています。「楽しかった!」と言って頂けるととても嬉しいです。

これからも多くの方にボードゲームの魅力を感じて頂き、将来的に例えば、街の喫茶店でボードゲームをしていると、別の知らないお客さんが「面白そうだね」といって一緒に遊びだすような、そんな世界を夢見ています。

 

 

実際にボードゲームをプレイすることでボードゲームの楽しさや魅力に触れ、私自身、好奇心やワクワク感を刺激されました。しかし、それ以上に、ボードゲーム交流会の主催者や、ボードゲーム交流会に参加していた中嶋さんのご友人が、「中嶋さんを世界へ」と、ボードゲームアドバイザーとして活動している中嶋さんの背中を、その人間性をプッシュしているのがとても印象的でした。

なぜ皆が中嶋さんを応援しているのか、その理由は、中嶋さんに関わったすべての人が楽しい時間を共有できているからではないかと思います。楽しい時間をありがとうございました。

 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook3Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング