相撲

大相撲の塩撒き、豪快な力士と控えめな力士の差がやばい

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

 

 

大相撲の塩撒き、まずはこちらの動画を

 

豪快な塩撒きで有名、旭日松

 

身長1m74cmと力士の中では小柄な方。少しでもインパクトを残すために、十両時代からこの豪快に塩を撒くスタイルを貫いているそうです。

 

 

対する宇良とは

 

学生時代から相撲ではなかなか見られない大技を繰り出し注目を集めていた選手。

大学時代には大学相撲日本一に輝き、格闘技の世界大会「第2回スポーツアコード・ワールドコンバットゲームズ」でも優勝するなど、数々のタイトルを獲得してきました。

 

 

気になる勝負の結末は

 

上手出し投げで宇良が勝利しました。

 

去年から相撲協会が公式ツイッターで選手の日常を積極的に公開することで、取り組み以外にも注目が集まっている大相撲。

取り組みが始まる前にも様々な戦いがあるようです。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPotSpotをフォローしよう!

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on Twitter

人気ランキング